さくら組 蛍を見てきました

7月2日…さくら組は、鎌倉の広町緑地まで蛍を見に行ってきました。

夕飯を食べ7時に集合!全員揃って行って来れました。
集合は多少明るく、「いってきまぁす」と元気に出発!

 



蛍を見るまでの間にもいろいろな虫たちに出会いましたよ!

行く途中の川のところで、アオダイショウを発見!至近距離で見られたので、興味津々でみんなで囲み、じーっと観察…

 

 


広場で蛍が見える時間になるまで時間調整で遊びましたが、バッタ探しから、ザリガニ探し、アリの行列見物まで、短い時間にたくさんの楽しい発見をしました。

 

 


そして薄暗くなり、目的の蛍を見るために出発!
森の中を進むので、ますます暗く感じ、心細くなり「こわくなってきた」「“て”をつないでてね」と言う子も…

中には「もうよるだから、みんなでおとまりしようか?」と言う子もいました。

ボードウォークを歩くと、チラチラと光るものが見えてきました。
すると「いたっ」「あっちでひかってる」と大喜び!
見つけた事が嬉しくて「もう3びきみつけたよ」「〇〇は20こもみつけた」と、見つけた数を競い合う様子もありました。
時間が経つと、ますますたくさんの蛍が見られ、大喜びのさくらさんでした!
お迎えの場所に着くまでも「ホタルきれいだったね」「またみんなでいこうよ」の声も聞かれました。

次の日に描いた、蛍の絵には、キラキラ輝く蛍がたくさん描かれていました。

 



入園式

新型コロナウイルスの影響で、延期になっていた『2020年度すなやま園入園式』を、6月1日に無事行う事ができました。
当日は雨模様だったため園庭での開催が出来ませんでしたが、園舎にて空間をとりながら行いました。

いよいよすなやま園も始まります!
コロナウイルスに負けないよう、今年も元気いっぱいたくさん楽しいことを見つけながら、おもいっきり遊んでいきたいです。

 



心あたたまる出来事

みなさん!お元気にしてますか?

外出自粛でストレスがたまってしまってますよね。

そんな中でちょっと心がほっこりさせられたことがありました。
 

12年前にすなやま園を卒園した園児の母親から「子ども用の手作りマスクを作りました。園児さんに用立ててください」との電話をいただきました。

今、子どものマスクが不足しているという声が聞かれます。児たちに配布できたらと思い、有りがたくいただくことにしました。

早速園まで届けてくださり、ピンク、ブルーと色とりどりのマスクが入っていました。

そして、

 

『我が家に猫と犬がおります。アレルギーが心配されますので洗濯してお使いください』

 

こんな心暖まる言葉が添えられていました。

 

さらにその日のお昼すぎ…

やはり5年前に卒園した園児の母親から「父母の方に差し上げてください」と、今度は大人の使い捨てマスク300枚弱をいただきました。

 

『卒園してもすなやま園のことが大好きでずっと応援してます』

 

というメッセージもいただきました。

 

園児が減少して運営も厳しくなり、先行きが懸念される中で、心がほっこりし、またまた頑張っていこうという気持ちにさせられました。

 

すなやま園のみなさん!

このマスクを感謝の気持ちを持って使わせていただきましょうね。

 

ありがとうごさいました!!

 



卒園式

2019年度 卒園式

19名のすなやまっ子達が

旅立ちました。

 



終了式

3月18日につくし・たんぽぽ組、その翌日にもも組の終了式が行われました。

新型コロナウイルスの影響により慎重に行われたため、いつもよりも緊張した雰囲気ではじまりました。

朝のうたと幼児教室のうたを歌います。

大人の心配などなんのその、子どもたちの歌声は大きく、頼もしく感じました。

 

今年度最後の出席です。

お名前が呼ばれるとどの子も元気に返事をしていました。

 

担任の先生からがんばり賞が一人ひとりに手渡されました。

お名前が呼ばれたら前に出て、1年間のまとめとして担任の先生からがんばり賞を読み上げてもらいます。

 

個性あふれる子どもたちのがんばり賞はそれぞれみんな違います!

お母さん達はそれぞれのがんばり賞にうなずいたり驚いたり微笑んだりしていました。

一年間の成長を感じずにはいられませんでした。

 

終了式のあと、さくらさんから夏ミカンのジャムという嬉しいプレゼントをいただきました。

最後までありがとう。

頼りになる優しいお兄さん・お姉さんでした。

 

さて終了式を終えた子どもたちは進級するクラスへの期待でふくらんでいることでしょう。

また新学期、元気に会えますように。

 



コンサート in SUNAYAMA

すなやま園恒例のコンサート、今年も園舎にて2回公演で開催されました。

子どもたちが1年間歌った歌を元気いっぱいに聞かせてくれました。

 

 

◆オープニング

さくら組の「カントリーロード」から始まりました。

 

 

◆もも組

「少年少女冒険隊」「花さき山」「世界中の子どもたちが」

 

 

「花さき山」は手の振り付けをしながら歌いました。小さな手で咲かせた花がとてもかわいらしいです。

 

◆たんぽぽ組

「コンコンクシャンのうた」手遊び・ちいさなはたけ「たんぽぽ探検隊」

 

 

たくさんのお客さんを前にドキドキしながらも、みんな笑顔で楽しそうに歌ってくれました。

 

◆つくし組

「冬ごもり」手遊び・つくしんぼ「おもちゃのチャチャチャ」

 

 

頑張っている姿とかわいい歌声にお客さんみんながニッコリしました。

 

◆もも・さくら組

「平和のうた」「青い空は」「ぞうれっしゃよはしれ」「平和とぞうと子どもたち」

 

 

子どもたちの歌声が心に響き、平和の大切さを改めて感じた時間でした。

 

◆さくら組

「雨のワルツ」「ハマボウフウ」「みあげてごらん夜の星を」

 

 

大きな歌声と曲に合わせた振付もさすがで、みんな自信に満ち溢れていました。

 

◆全クラス

「あの青い空のように」「気球に乗ってどこまでも」

 

 

みんなが一体となって歌う姿に観客の保護者は涙…

 

◆アンコール「さんぽ」

 

 

1年間の大きな成長を感じられたコンサートでした。



生活展

今年は2月15日・16日に生活展が開催されました。

1階・2階に子どもたちのたくさんの力作が広がっていました。

 

 

1階は四季折々の自然に触れ体験したものを作品にして展示しています。

 

色々な物づくりも体験。ひょうたんを使った色とりどりで個性あふれる動物たち、ヨウシュヤマゴボウを使って本物のシルクの

染め物は鮮やかなピンク色と様々な模様がとてもきれいでした。

 

 

そして、2階にも作品は続きます。

海の中の様子を描いたたくさんの貝がらを見ていると、海の中にいるような気分になります。

 

たくさんの色と木の実を使ったツリーや飾りは、クリスマスへ向けて子供たちがワクワクする気持ちが伝わってきます。

 

 

春から季節が変わってい様を感じながら、体も心も成長した姿を見ることができたすてきな生活展でした。

 

 



豆まき

今年も豆まきを行ないました。

 

2歳児から5歳児まで4つの縦割りグループに分かれ、まずは豆を入れる"ます作り"から…

先生の話を聞きながら折りますが、小さなお友だちにはさくらさんが折り方を教えてくれます。

 

そして、出来上がった升にお豆を入れ準備OK!

2歳児つくしさんと3歳児たんぽぽさんが作った鬼を目掛けて「おにはぁ〜そと!おにはぁ〜そと!」

部屋の隅々に「ふくはぁ〜うち!」と豆を投げていきます。

 

 

最後は自分の歳の数だけの豆を食べ、「ことしもげんきいっぱいあそべますように…」とお願いをしましたよ。

 

 

きっと今年も元気いっぱいに過ごせる1年になる事でしょう!



吾妻山遠足

吾妻山に行ってきました! 

 

 

 

  

 

1月30日すなやま園全員で吾妻山へ行ってきました。    

 

晴れ渡る空、真っ青ですいこまれそうでした。     

 

 

つくし、たんぽぽ、もも組さんは300段の階段を登って頂上へ…

 

           

 

 

さくら組は山道を登り頂上をめざしました。             

 

頂上に着くと一面の菜の花、富士山、海…どれもとても美しく、子どもたちからも歓声が…    

 

                   

 

 

芝の上をコロコロしたり、側転したり、のびのびと遊べました。      

 

 

もも、さくら組は長ーいローラー滑り台で遊び、みんな大喜び!    

 

   

 

ぽっかぽかでいい一日でした。

 

 


 

 



お餅つき

毎年恒例のお餅つきが行われました。

 

前日にさくら組がお買い物や豚汁のための野菜カットをしました。

当日は朝早くから先生やお父さん達が準備をしてくれました。

 

 

 

 

ほかほかに炊き上がった餅米を、力強く手際よくついていきます。

お父さん達の掛け声とリズミカルな動きに子ども達は興味しんしんです。

 

 

そして、子どもたちも順番にお餅をついていきます。

 

まずはつくし組から。

お母さんやお父さんと一緒に頑張りました!

 

 

そしてたんぽぽ組の子どもたちはその様子をじっと見て順番を待ちます。

 

 

やはりお母さんやお父さんと一緒に頑張りました!

 

 

そしてもも組が続きます。

待つ姿もお餅をつく姿もぐっと頼もしく見えます。

 

 

 

最後はさくら組。

重い杵もなんのその!お父さんお母さんの手をかりることなく一人ずつお餅をついていきました。

お父さん達も大きなかけ声で応援してくれました。

 

 

 

お天気にも恵まれ、お友達や家族と食べるつきたてのお餅はとてもおいしかったです。

 

 

 

今年もおいしいお餅と豚汁をごちそうさまでした!

 

 

 

 

 

 


| 1/30PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.


others

mobile

qrcode