みんなが輝いていたお泊まりキャンプ

お父さんお母さんに見送られて、いざ出発!

 
途中で、つぶらの公園によりました。
暑いためか誰もいないすなやま園貸し切りの公園でした。
 

ペットボトルのいかだづくりは…

 
早速、川に浮かべて、大成功‼️です。
 
夕食は、焼きそば、トウモロコシ、ウインナー、ジャガイモなどたくさんおかわりして、お父さんたちの分までたいらげてしまいました。
 
キャンプを楽しむ園児にセミからもサプライズ!?
セミが土からでてきて飛び立つ準備をしていました。
 
おやすみなさ〜い。
パジャマ姿でパチリ!
 
ぐっすり眠った翌朝。
朝の散歩と朝食、焼きたてパンが美味しく、おかわりの連続でした。
 
やまん婆さんからのお手紙に「ひとりで山道を登っておいで」…⁉️
ひとりずつ、チャレンジ!
 
こんな素敵なプレゼントをもらいました。
 
チャレンジが終わって川あそびを再開。
いかだに乗ったり、岩からジャンプ!
お昼に飲むお茶は川で冷やしました。
そうして充実した時間はあっという間に過ぎていきました。
 
最後はいかだをに元のペットボトルに戻して、おしまい!
 
たくさんの思い出ができた楽しい2日間は終わりました。
2日間お仕事を休んで、子どもたちのために力を貸してくださった4人のお父さんに、心から感謝いたします。
ありがとうごさいました。


ふくろうじいさんからのプレゼントはききみみ頭巾でした。

雷雨天気予報がでてしまった7月12日のディキャンプ。
1日延期になってしまいましたが、次の日は晴天!
次々と辻堂駅にみどりの帽子が集まってきました。
  
大船からモノレールにのって西鎌倉の広町の森へいきました。
広町の森は大きな木があり小さな川も流れていて、ワクワクする森です。
大きな木のあるところまでくると、なんと!なんだろう?こんなものがありました。
ふくろうじいさんからのプレゼントです。この帽子をかぶると鳥や動物のお話が聞こえるとか!
早速かぶってみました。
帽子をかぶって静かに聞いていると鳥たちのお話が、聞こえてくるようです。
もっともっと聞きたくて、森の奥までいくと、またまたふくろうじいさんからのお手紙。
ふくろうじいさんが飼っていた蚕が逃げ出してしまい、みんなに探してほしいとのこと。
早速、グループで探しにいきました。急な山道を登りなんとかみつけることができたのです。
ふくろうじいさんの蚕もみつけることができたもも組さん、
夕方になってきたのですなやま園に戻りました。園にもどり
夕焼けに染まる空をみながら、園庭でのちょっとリッチな夕食でした。
夕食後、普段経験出来ない夜のお散歩にでかけました。
お散歩をしているとまたまたふくろうじいさんからのお手紙発見‼️
そのお手紙には昼間みつけたふくろうじいさんの蚕を、
ランタンのついている灯りの道を通って持ってきてほしいとのこと、それもひとりで‼️
もも組さんみんな勇気をだしてひとりで挑戦しました。
あたりはだんだん暗くなり、ランタンが浮かびあがる灯りの道。
みんなが勇気をだしてふくろうじいさんに蚕をとどけたので、灯りの道のランタンをもらうことができました。
そのランタンの行列がお母さんの待っているすなやま園まで続きました。


テミヤンライブ in ハワイアンキルト展

もも・さくら組は、

湘南モールフィルで行われたテミヤンライブ in ハワイアンキルト展に参加してきました。

 

 

ちょっぴり緊張しながらも、ギターに合わせて<ハマボウフウ>を歌いました。

 

 

次はテミヤンさんの歌に合わせて、練習してきた振り付けで踊ります。

 

 

楽しくてノリノリ♪

 

 

 

子どもたちのはじける笑顔につられお客さんも盛り上がりました〜!

 

 

最後に記念写真をパチリ。

 

 

爽やかな歌声を聞き、幸せなひとときでした。



七夕まつり

今年も七夕まつりが行われました。

 

プログラム

 

朝のうたと七夕のうたからはじまりました。

朝のうた

子どもたちの元気な声が響きます。

 

次はお母さんからのお楽しみ。

たなばたセブンとたなばたタロ子に扮したお母さんを中心に、七夕の由来についての劇が披露されました。

お母さんからのお楽しみお母さんからのお楽しみ

遊びほうけていると罰が当たること。

自分の仕事に一生懸命取り組めば、織姫と彦星は出会うことができること。

七夕の日はぜひ晴れて欲しいね・・・子どもたちに伝わったかな。

おうちに帰ってからてるてる坊主を作った子もいたかもしれませんね。

 

劇のあとはおかあさんたちから歌「にじ」のプレゼントです。

おかあさん歌

ノリの良い振り付けとウクレレ隊の演奏で会場が盛り上がります。

お母さんたちの素敵な声に混じって子どもたちの歌声も聞こえました。

 

さてお次は子どもたちの番です。

トップバッターはもも組さんです。

歌のあとに先生から一人ひとり呼ばれ、願い事を読み上げてくれました。

 

◎もも組の歌(おさんぽのうた/雨のワルツ)

もも歌

ももねがいごと

 

◎たんぽぽ組の歌(とけいのうた/あめふりくまのこ)

たんぽぽ歌たんぽぽねがいごと

 

◎つくし組の歌(ひとつグーチーパー/ありさんのおはなし)

つくし歌

つくし組はみんなで楽しく遊べますようにと願いました。

 

◎さくら組の歌(にじ/ガチャガチャバンド)

さくら歌さくら歌

さくらねがいごと

 

最後も元気よくおかえりのうたを歌って、短冊と飾りのついた笹を各自貰って帰りました。

おかえりのうた

 

 

みんなの願い事が叶いますように…

 

 

 



ジャガイモ掘り

今年ももも、さくら組でジャガイモ堀りへ行ってきました。

 

「たくさんとってくるからねぇ〜」と

お留守番のたんぽぽ組さんに手を振って出発!

さぁ今年はたくさんとれるかなぁ〜…と

ワクワクしながら歩いて畑へ到着すると

畑のおじさんにジャガイモの堀り方の話しを聞いてから

早速掘ってみることに…

 

 

 

手のシャベルで掘っていくとすぐに

「あった!」「ほらっおおきいよ!」「ぼくのほうがおおきい!」

とぞくぞくと嬉しい声が聞こえてきました。

自慢げにジャガイモを掲げ満面の笑みで見せてくれる子も…

 

 

 

今年は豊作でたくさん採れ、帰りのリュックは

たくさんのジャガイモが入り

「おもいね〜」の嬉しい声を聞きながら帰りましたよ!

お土産にお家に持って帰ったジャガイモを

お母さんに美味しくお料理してもらい

次の日は「ポテトサラダにしたよ」

「ジャガイモのおみそしるにしてたべたらおいしかった」

「おかあさん、おいしいっていってたよ」

と嬉しい報告も聞けました。

 



すなやま園20周年イベント

すなやま園がNPO法人幼児教室として登録し今年で20周年となります。

今日はそれを記念としたイベントが開催されました。

 

看板

 

午前と午後の二部制で行われ、多くの卒園児と保護者の方が来園してくれました。
司会挨拶から始まり、思い出のすなやまカレーを食べながら歓談し、卒園児からは思い出が語られました。

 

思い出1

思い出2

思い出3

思い出4

 

卒園したばかりのニコニコ小学生、

学業と青春真っ只中の学生さん、

すっかり社会人の仲間入りを果たした方、

赤ちゃんを連れてきてくれたお母さん…

皆、それぞれ輝いた人生を歩みだしており、その報告を聞く先生方はとても嬉しそうでした。

 

歓談1

歓談2

歓談3歓談4歓談5室内たけうま

園内は写真館のように歴代の写真が飾られ、卒園親子を楽しませてくれました。
配られたおもいでひとこと集には親子の思い出話やこれからも園が続いてほしいという願いがぎゅっと詰まってました。


準備

今回イベントに携わった方々、本当にお疲れさまでした。

 



潮干狩り

もも・さくらで潮干狩りに行ってきました。
昨年は残念ながらほんの少ししかとれなかった貝。
今年はどうかな?たくさんとれるかな?
期待に胸ふくらませ、子ども達ははりきっていました。

 

ところが海は風がとても強く、砂浜は砂がとび大変でした。
それでも子ども達ははりきって海へ・・・
「つめたい!」「でもきもちいいね」
ゆっくりと水の中へはいっていくと
「あっ、クラゲ発見!」

さあ!貝をみつけよう!
でも…とれる貝はどれも小さく、今年も残念な結果に・・・
みんなで頑張ってとった貝は翌日園でお味噌汁にして、
みんなで美味しくいただきました。


春の親子遠足

親水公園への親子遠足。

今年も全クラスで行きました。

つくし組さんははじめての遠足、はじめての親水公園。

好奇心旺盛なつくしさんは寄り道ばかりです。

気になる草花や虫を追いかけ、水たまりがあれば入ろうとし、木に隠れてかくれんぼ。

先生に教わった草花を摘んであちこち歩き回り、最後は「抱っこぉ〜」

 

そんなつくしさんですが丘の上では全員揃っての写真が撮れました。

写真撮れたから転がっていいよというとみんな一斉にごろごろごろ〜!笑

 

 

たんぽぽ組さん、「たんぽぽ探検隊、出発進行ー!」の元気な掛け声のもと歩き出し、

神社の階段を登り、森の中を探検しました。

心地よい風が吹く中で真っ赤な蛇苺や桜の実、ダンゴムシやクモなどを発見して

楽しんでいました。


シャクトリムシを発見した時はみんな集まって「すごーい、大きい、変な動き!」

と大はしゃぎ。

 

そして森から出てくると「お腹すいたー!」と大好きなお弁当タイムが

待ちきれない様子でした。

まだ結成1ヶ月のたんぽぽ探検隊、次回はどんな発見があるか楽しみです♪

 

 

もも組さんは何度か来ているいつもの公園。

去年とは違って頼もしい足取りで階段を登り、山道を登ったり降りたり、

森の中を探検しました。

途中、小川でカニ探し。

「あ!カニいたー!」

可愛いカニさんたくさん見つけました。


蛇苺もたくさん収穫。

後日、園で虫除けを作るそうです。

 

最後にザリガニ探しもして、待ちに待ったお弁当!

盛り沢山の楽しい1日でした。

 

 

さくら組さんはザリガニ釣りからスタート!

お母さんお父さんも夢中になって釣っていました。

短い時間でしたが沢山釣れました。


ザリガニ釣りの後は森の中を散策。


途中でシデムシを発見!

先生が名前の由来を教えてくれました。

 

たくさん遊んだ後のお弁当は特別美味しかったようです。

 

各クラス、たくさん歩いてたくさん遊んでたくさんの発見をして、

充実した楽しい遠足になりました。

 

 

 



たけのこ堀り

今年もたけのこ堀りに行ってきました。

先ずはたけのこのおじさんから、たけのこの探し方や、掘り方のお話を聞いてから、たけのこ探しが始まりました。

山の中をあっちへこっちへと走り回り、たくさんのたけのこを探し、見たこともない長いシャベルで掘ってもらいました。

こんなちっちゃなたけのこから、こんなにおおきなたけのこもみつけたよ〜

どっちがおおきいかな?

終わってみるとたくさんのたけのこが収穫できましたよ!

 

 

お弁当を食べたところには"ノビル"がいっぱい!
ひっぱるとス〜ッ採れるので、たくさん採ってお母さんへのお土産にしました。

 

 



さくら組スタート

2018年度さくら組発進しました。

 憧れの2階に部屋を移し、やる気満々のさくら組25名…1年でどんなさくらさんになっていくのか楽しみです。

もも組からさらにパワーアップし、なんでもやってみたい子どもたちにどんなことをしたいか聞いてみました。竹馬、鉄棒、机3段跳び…たくさん出てきましたが、その中のひとつのザリガニ釣りに挑戦してみました。

釣るのに良さそうな枝を探し、まずは竿つくり…餌をつけて準備万端!
いざ川の池の中に竿を入れると…釣れる釣れる!子どもたちからの「つれたよ〜」の声が何度も聴かれ大喜びの子どもたちでした。
24匹のザリガニが釣れたのですがすべてを連れて帰ることはできないので、その中でも元気の良さそうな3匹だけを園に持ち帰ることにしました。
そして、ザリガニのお世話は順番で水替え、餌やりをすることになり、お当番になるのを心待ちにしている子どもたちです。

 

ザリガニ釣りも何度か経験したころ、海浜公園でももさんと一緒になり、ザリガニ釣りのやり方も教えてあげ、とても嬉しそうなさくらさんでした。

<< | 2/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.


others

mobile

qrcode